北九州市の精神科・心療内科ならひいらぎこころクリニック折尾院

MENU

躁うつ病、双極性障害

躁うつ病、双極性障害とは?

気分が高揚して興奮しやすい「躁状態」と、気分が落ち込んで意欲がなくなる「うつ状態」が交互に起こるのが双極性障害です。性格や心理的な問題ではなく、脳の化学物質のバランスが崩れることで起こります。

双極性障害のうつ症状と、うつ病の症状を初見で区別することは難しく、双極性障害の患者さんの10%〜20%は、最初にうつ病と診断されて治療を受けますが、最終的に双極性障害と判明します。しかし、双極性障害とうつ病では、治療法や薬の種類が全く異なるため、正確な診断を受けることが重要です。診察では、過去に躁状態を経験したかどうかを確かめます。

躁うつ病、双極性障害
の症状

精神面の症状(一例)

  • 気分がスッキリし、ハイテンションになる
  • 急に偉くなったような気がする
  • 突然何でもできるような気持ちになる
  • 次々とアイデアが出てきて、話がまとまらない
  • 友人や見知らぬ他人と交流をとろうとする
  • 気分が落ち込み、ふさぎこむ
  • やる気がでない
  • これまで楽しかったことを楽しめない
  • 希死念慮(死にたい、消えたい)が消えない

肉体面の症状(一例)

  • 眠らずに1日中活動しても疲れにくい
  • 寝すぎてしまう
  • 体がだるく疲れやすい

躁うつ病、双極性障害
の治療

  • 薬物療法

    双極性障害の治療では、気分安定薬を用いて躁とうつの感情の振れ幅を小さくし、重度の躁状態やうつ状態に陥った場合には抗精神病薬を併用します。「うつ病」の治療が「抑うつ状態から回復すること」を目指すのに対して、双極性障害の治療は「躁とうつの感情の振れ幅を小さくすること」を目標とします。

  • 心理社会的治療

    心理教育を通して、患者さんやご家族が病気について正しく認識し、受け止めることができるようになります。これにより、症状や病状を自分で把握し、コントロールする力が高まります。
    さらに、認知行動療法などのカウンセリングを受けることで、自分の思考パターンや感情の反応を理解し、うつ状態を乗り切るための方法を身につけることができます。

よくあるご質問

  • 診察の際には、健康保険証とお薬手帳・医療証をお忘れなくお持ちください。

    他院で治療中の方は、検査結果や処方薬、お薬手帳などをご持参いただくと診察がよりスムーズです。

    紹介状がある方は、受付にお渡しください。

  • はい、在籍しております。ご希望の方は予約時に指名が可能です。

  • 当院では日曜日以外、毎日診療を実施しております。月曜日〜土曜日は18時半、祝日は13時までご利用いただけます。初診の方も毎日お申し込みいただけます。

    電話予約は診療時間内にお願いします。WEB予約は24時間いつでも可能です。

  • 当日、他の方のご予約状況によっては、診察をご案内いたします。

    当院では患者さまの待ち時間をできるだけ少なくするために、予約制を導入しております。

    予約なしでお越しの方も受診していただけますが、予約の方が優先していますので、お時間に余裕を持ってお越しください。

  • 不調時には自分の状態を正しく把握できないことがあり、些細な不調が重なって心の病気に発展する可能性があります。

    「こんなことで受診してもいいのかな…」と迷ったら、無理をせずに、お気軽にご相談ください。

〒807-0834 
福岡県北九州市八幡西区北鷹見町13-18

電車をご利用の方

JR「折尾駅」から徒歩1分

お車をご利用の方

「折尾えきまち一丁目」の駐車場を90分無料でご利用いただけます。会計の際、受付にてお申し付けください。

診療日カレンダー

2024年07月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

2024年08月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
午前のみ診療 休診日

まずはお気軽にご相談ください

tel.093-695-7900

9:30-13:00 / 14:30-18:30
休診日/日・GW・年末年始